マークニズム宣言

偉くてすごくてたのしい

※筋肉がほしい人以外は絶対に読まないでください……!

f:id:markunismmanifesto:20161221000353p:plain

 

タンパク質は必要

人間の体は、水を抜かせばほとんどがタンパク質。

みんながカルシウムでできていると思っている骨も、じつはそのほとんどがタンパク質でできています。

英語のproteinは、ギリシャ語で「第一の物質」を意味するprōte(îos)から成っているという情報がウィキペディアから寄せられています。

炭水化物、脂質、タンパク質の三大栄養素のうち、唯一ほかのふたつを代替しうるのが、タンパク質です。炭水化物にも脂質にも、タンパク質の代わりは務まりません。

タンパク質が無ければ、代謝(異化と同化のことです)が成立しないため、人は生きていけないンです。

まさに、第一に必要な栄養素なわけですね。

タンパク質はいっぱい必要

タンパク質(プロテイン)と聞くと、まず筋肉を思い浮かべる人が多いと思います。

たしかに、筋肉は水以外ほぼすべてタンパク質でできているので、その維持にはやはりタンパク質が欠かせません。

一般人(週に1度運動をするかしないか、というくらいの人)でも、1日に体重1kgあたり1.1gほどのタンパク質を摂取する必要があると言われています。体重60kgなら1日66gということですね。

頻繁に運動する人や、筋肉量を増やしたくて筋力トレーニングをしている人は、体重1kgあたり2g以上摂らなければいけません。

世界トップレベルのボディビルダーともなると、1日に900g以上のタンパク質を摂取する人もいるそうです。ほんまかいな。

workouttrends.com 

タンパク質を摂るのは大変

さて、そこそこの筋力トレーニングをしている体重70kgの人が1日に必要とするタンパク量は体重の2倍gなので140gですが、これはサーロインステーキ約800gぶんに当たります。

これは肉が安いアメリカにでも住んでなければ経済的に難しいですし、そもそも毎日そんなもの食えるもんでもない。

プロテインシェイクも、こっちでは3kgで9000円を切れば安いほうなのに対して、アメリカでは2.25kgが2500円くらいで買えました。クレアチンモノハイドレートなんか1kgで1500円。破格です。

日本はタンパク質が高いんです。

 

これさえあれば大丈夫

 そんな日本でもコストパフォーマンスが比較的悪くなく、むしろなかなか良いと考えられ、また入手も容易な優れたフィットネス向け飲料を紹介します。

 

f:id:markunismmanifesto:20160621231015j:plain

1.プレミル(森永乳業

ラベルに全部書いてありますが、タンパク質が通常の成分無調整乳(約6.5g/200ml)の1.7倍含まれており、乳脂肪分は60%もカットされています。これがスーパーで200円強というすさまじいコストパフォーマンス。この値段で44.4gもの乳タンパクが摂取できるのはすごいことです。しかもおいしい。はじめは調製乳特有の変な味にどうも慣れなかったのですが、何本か飲んだらもう普通の牛乳には戻れないほどおいしく感じられるようになります。低脂質なのに濃厚。牛乳のコクを左右するのは、乳脂肪分ではなくタンパク質なのかもしれません。これは大きな発見です。また僕はここ数年乳糖不耐症の気があるのですが、これは炭水化物がやや低めなので乳糖も少ないものと思われ、実際日常生活で下痢を漏らしてしまうことも減りました。なのになぜかほんのり甘い。牛乳の甘みを左右するのは、乳糖ではなくタンパク質なのかもしれません。これも大きな発見です。

 

f:id:markunismmanifesto:20160621230925j:plain

2.アミノバリュー4000(大塚製薬

大塚製薬は最高です。大塚製薬大好き! ジョグメイトプロテインという懐かしい商品が(昔はココア味/バニラ味のチューブ入りペーストだったと記憶していますが)最近ゼリータイプで復活してたので感動してしまいました。このアミノバリュー4000にはその名のとおりBCAAが4000mgも入っています。これはタンパク質4gということです。BCAAとはブランチト・チェイン・アミノ・アシッドの略で、日本語では分岐鎖アミノ酸と呼ばれ、その内訳はバリンとロイシンイソロイシンという優れたアミノ酸の三兄弟です。正直次男ロイシンだけたくさん摂ってれば筋肉はデカくなるよという説もありますが、いやいや3人のバランスが大事との研究結果も根強く、とりあえず1:2:1の割合で摂っておくのが良さそうです。またアルギニンが1000mgも入っており、これはその辺のエナジードリンクの2~5倍近い量です。アルギニンは筋肉の回復を激しく促しハゲを防止しエナジーをブーストしてくれるすごいアミノ酸です。しかも絶倫になれます。さらにクエン酸も1000mg配合。エネルゲンやマッチを生み出してきた大塚製薬なので味も独特で絶妙に美味い。ほかのアミノ酸を売りにした同価格帯のスポーツ飲料とはすべてにおいて比べ物になりません。最高の大塚製薬が最高のフィットネス飲料を作ってくれました。ありがとう!

 

f:id:markunismmanifesto:20000101002940j:plain

3.タウリン入りドリンク(トップバリュ

タンパク質関係なくて申し訳ないんですが、これは革命的に優れた栄養ドリンクです。無水カフェインやビタミンB群など基本的なイングリディエンツはリポビタンDとほぼまったく同じで味もかなり似ているのですが、タウリンが2000mg含まれています。これはリポビタンDの2倍です。タウリンはほぼアミノ酸のようなものなので、これはほぼタンパク質2gと思ってもらっても実際ほぼ問題ないと考えることもできます。タウリンを摂るといろいろと元気になるとされているので、タウリンはとてもよいです。とてもよいのでおすすめです。洋モノのエナジードリンクは一般にタウリンを含有しますが、合成タウリンが一定量含まれるものは日本では医薬部外品扱いになってしまうため、一般にアルギニンで代替されています。アルギニンを摂ると絶倫になれるので、絶倫になりたい人は日本のエナジードリンクを飲むとよいのですが、それより上述のアミノバリュー4000を飲んだほうがよいです。順番がおかしくなりましたがこの栄養ドリンクの何が革命的に優れているかというと、1本で税込50円を切る破格のコストパフォーマンスです。これはすごいことです。リポビタンDの2倍のタウリンが、1/3の価格で手に入ります。栄養ドリンクなんて気休めっしょ笑などとのたまうアホがいますが、カフェインとビタミンB群とタウリン(あとショ糖)は確実にあなたのトレーニングをよりエナジー溢れる意義深いものにしてくれます。これは科学により証明されています。

 

というわけで上記の3点をバッチリ押さえれば高いサプリメントを買わなくても強くなれるかもしれないし、なれないかもしれない。