マークニズム宣言

偉くてすごくてたのしい

ラグビー日本代表メンバーの外国人比率を皮肉って得意になっているおじさんたちは、本当に恥ずかしいので今すぐやめなさい

「日本代表なのに半分外人w」「監督も外人w」「コーチも外人w」などと揚げ足取って何か物申したつもりでいる中高年男性が未だにたくさんいるようで驚いてしまいましたが、今日日こんなこと言ってるの的外れもいいとこでめっちゃダサいのですぐにやめましょう。

そもそもラグビーの国際試合というものは「各ラグビーフットボール協会同士の試合」なので、ラグビー日本代表とは日本ラグビーフットボール協会代表のことである。はじめから「日本人代表」どころか「日本国代表」とすら謳ってなどいない。おかしいのはてめえらの脳みそだ。反省しやがれ馬鹿野郎。

日本ラグビー協会が他のラグビー協会に勝つために、自チームを強化するために、日本で戦ってくれる強い外国人選手を雇うのは何もおかしなことではない。

事実、他国のラグビー協会も同様のことをしている。あのニュージーランド代表・オールブラックスでさえ、近隣のサモアやフィジー、オーストラリア出身の選手がこれまで何人もいたし今もいるのだ。ラグビー界のレジェンド、故ジョナ・ロムー氏も両親はトンガ人である。

なので、たとえば英国のチームもオリンピックと違って「イギリス代表」ではなく、イングランドスコットランドウェールズとそれぞれのカントリーにラグビー協会があり、それぞれに代表チームがあるのだ。では北アイルランド代表はどうかというと、実はないのだが、これにはちょっとしたワケがある。

 無知な人のために説明するが、グレートブリテン島の左隣にあるアイルランド島は長いこと大英帝国に支配・蹂躙されてきた歴史があり、北部の一地域を残して独立を果たしたあとも、イギリス、特にイングランドへの遺恨というものがメジャーな国民感情として一定の程度存在する。血を血で洗った凄惨な争いの当事者らはまだまだご存命なので、反英感情は当分のあいだ消え失せることはないだろう。

そんな南北に分断されたアイルランド島において、英国の領土である北部アイルランドに住むラグビー選手が国際試合に出る場合、どの協会の代表に入ることになるのか? 答えはなんとアイルランド代表である。

というのも、アイルランドラグビー協会ができたのは19世紀。島がふたつに分かれるよりもずっと先から、全アイルランド島ラガーマンアイルランドラグビー協会の所属なのだ。

だから、"イギリス人"だけど、アイルランド代表として、アイルランドラグビー協会を代表して戦うのだ。そのとき彼らは国境を超えたワンチームなのだ。スポーツが国同士のいさかいを超えるのだ。なんと感動的な話だろうか。

ちなみにイングランドスコットランドウェールズ、そしてアイルランド代表の各選抜選手が結集するブリティッシュ&アイリッシュ・ライオンズというドリームチームもあり、4年に一度、南半球の強豪国らと熱戦を繰り広げている。このときホームユニオン4(5)カ国はひとつになるのだ。各国のファンらも同じチームの勝利を喜び称え合うのだ。こんな感動的な話が他にあるだろうか。いやない。

関係ないのだが一番好きなラグビープレイヤーの一人が30歳の若さで引退してしまったので彼のキャリアのハイライト集を見てください↓ 

両足で跳んで順目に変則的に加速するステップがたまらない、最高のステッパーの一人であった。Rest in peace...