マークニズム宣言

偉くてすごくてたのしい

3.14

</span>Century">スイカ、いやバスケットボール、否、これはカイデーなパイオツである。諸君は、このカイデーなパイオツをご存知であらう乎?ご存知でない?それは誠に残念である。では諸君はこのカイデーなパイオツに挟まれた我がカイデーなラーマーはご存じであらう乎?ない。嗚呼。ではこのカイデーなパイオツに挟まれた我がカイデーなラーマーから今にもエミットされんとしているこのメンzんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんn

 

 

 

</span>Century">・・・・・・・・・・・・・・・ブウウーーーーーーーーンンンーーーーーーーーーーーンンンン・・・・・・・・・・・・・・。

</span>mso-hansi-font-family:Century"> 

 

</span>Century">私がウスウスと目を覚ました時、そのスイカもといバスケットボール改めカイデーなπ乙は、その無限を想起させる軌道の内に明確な殺意を湛えながら私をして競走馬たらしめていた。

</span>Century">それがどこから来たのか、何故そこにあるのか、そして一体いつまでその内包した敵意を以て私を駆るのかは、何人とて知る由も無い。しかし、その限りなく球体に近い、それでいて定形を持たない巨大な両の眼は、絶えず揺れながら私の全て――そう、文字通り、精神、肉体、過去、未来を包含する、私という白昼夢が孕む意思の総和――を見通していた。

</span>Century">昼間は鞍に跨り馬に鞭打つ私も、夜にはラバの如く果て無き使役に駆り出される。私の下半身は意識とは半ば切り離され、真夜中の

</span>Century">(物語はここでぷっつりと途切れている)