マークニズム宣言

偉くてすごくてたのしい

日本でいちばん使われている挨拶「スー」について

 最近気づいたのだが、私は仕事などで「はい」と返事をすべき場面でいつも「アイー」や「オイー」と言っていた。ずっと。

挨拶はコミュニケーションの、人間関係の基本だ。

朝会ったら「おはようございます」、昼は「こんにちは」、夜は「こんばんは」、寝るときは「おやすみなさい」。職場や学校では会ったり別れたりするたび「おつかれさまです」が乱発されている(何に疲れてるの?)。

この中で一番使われるのはどれだろうか。人と会うのは多くが日中だから「こんにちは」? いつでも使える「おつかれさまです」?

 

答えはどれでもない。「スー」だ。

「スー」は無声歯茎摩擦音。声帯を震わさずに舌と歯茎の間に息を通す。公の場では使われないが、おもにトイレや休憩室、喫煙室などで誰かと出くわした際、かしこまって「こんにちは」「おつかれさまです」と言うほどでもない場面に必ず使われる非公式の挨拶だ。信頼できる筋の統計によれば、日本でいちばん使われている挨拶は「スー」だという。

では「スー」とは何か。ここに3つの仮説を立てる。

 

1. ウッスの「スー」

2. こんちわっすの「スー」

3. Tschüssの「スー」

 

1. ウッスの「スー」

ウッスはオッス。オッスは押忍。押忍は京都の旧武専(かつて講道館と柔道界を二分した西の雄、武徳会が運営していた「武道専門学校」。戦後、規模があまりに大きかったため危険視され、GHQにより解体。生き残った講道館講道館中心の柔道史を記し、その他の伝統をなきものとした。勝てば官軍とはこのことである。詳しくは『木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか』(増田俊也/新潮社)『性と柔: 女子柔道史から問う』(溝口紀子河出書房新社)を参照のこと)の生徒のあいだで「おはようございます」が「おはよーっす」となり、「おわーす」「おす」と変化していったものだそうだ。*1

漫画『はだしのゲン』では戦中の時点で学徒の間ですでに「オース」「メース」「サース」という変化球まで登場していた描写がある。小学生のころ、「『サース』は『挿す』だ! これは下ネタだ!」と盛り上がったことがある。

ウッスは体育会系の男性は100%使うライトな挨拶だ。「ウッスー」「ッスー」から「スー」である。「こんにちは」「おつかれさまです」どころか、かしこまって「ウッス」と言うまでもないトイレや休憩室において、人は「スー」と言うのだ。

 

2. こんちわっすの「スー」

こんちわっすは「こんちは(こんにちは)」+「ッス」。「ッス」は助動詞「です」だ。「こんにちはです」などという日本語は存在しないが、「ッス」は体育会系の男性なら100%が使う「敬語」であるため、こうなるのである。「こんちわっす」「ちわっす」「ちゃっす」「ちゃす」から派生したのが「スー」である。

 

3. Tschüssの「スー」

これはドイツ語の別れの挨拶で「チュース」と読む。「それじゃ」「そんじゃ」「んじゃ」「じゃ」くらいの軽い言葉だ。トイレや休息室での一瞬の邂逅は、同時に一瞬の別れでもある。とすれば「Tschüss」が「スー」となったとしても不思議ではない。信頼できる筋の情報によれば、戦前に同盟国のドイツに実技研修に行った旧帝国海軍の将校のあいだで、またはドイツ語由来のタームを多用する医学部の学生のあいだで定着した「Tschüss」が、やがて「スー」に変わっていったという。

 

に関しては、語源が「おはよーっす」と「こんちわっす」とほぼ一緒なので同一のものと考えることができる。とすると「(おはようorこんにちは)+っす」か「Tschüss」の二者択一となる。

 

果たしてどちらが「スー」の正体なのか。調査の続報を待たれたい。

変な生き物

f:id:markunismmanifesto:20170508015503j:plain

f:id:markunismmanifesto:20170510192723j:plain

グッズもあります

suzuri.jp

寝むれません!!

f:id:markunismmanifesto:20170508230121j:plain

スケートボード禁止! → わかる。うるさいから。

見かけたら110番 → なんの罪で?

感情で動くとろくな結果にならない。こんなの小学生でも知ってるが、アホには一生わからないようだ。

ここ蚕糸の森公園は、昭和だか大正だか明治時代だかに大きな国営養蚕工場があった跡地。滝のある水場とベンチに囲まれた広いスペースの真ん中にあるプラタナスの巨木が程よい木陰を作り出していて最高にピースフルな公園だ。平日の昼間からプータローやジジイが静かに懇談会を開いていて、たまに近所の中国拳法道場の人たちが稽古をしている。ここで本を読んだり寝たり走ったりするのは私にとってとても贅沢な時間だ。

その端っこにこの看板はあった。

インターネットを駆使して調べたところ、(人にぶつけたとか物を壊したとかではなく)単にスケートやってただけ逮捕された例は、人混みの中で再三の注意にもめげずスケートに乗り続けたバカくらいのもんらしい。公園の隅っこでスケートやってるだけでは刑事事件になりえないのだ。では110番も意味がない。

いくらスケート野郎が憎くても、そいつらが公園の隅っこでシコシコやってるだけなら、110番は意味が無いのだ。「スケートボード禁止!」だけでいいのだ。感情まかせにムチャクチャ言うな。

杉並区と杉並警察署の名前が記されているが、「人間やめますか?」なんてポリティカリーにインコレクトすぎるコピーを平気で垂れ流してたくらいだしマジで日本の官憲はレベルが高いなあ。

寝むれませんの圧倒的誤字が彼らのリテラシー(原義)を如実に表している気がする。酒と泪と男と女か。

 忘れてしまいたい事や

どうしようもない 寂しさに
包まれた時に男は
酒を飲むのでしょう
飲んで飲んで 飲まれて飲んで
飲んで飲みつぶれて 寝むるまで飲んで
やがて男は 静かに寝むるのでしょう

忘れてしまいたい事や
どうしようもない 悲しさに
包まれた時に女は
泪みせるのでしょう
泣いて泣いて 一人泣いて
泣いて泣きつかれて 寝むるまで泣いて
やがて女は 静かに寝むるのでしょう

またひとつ 女の方が偉く思えてきた
またひとつ 男のずるさが見えてきた
俺は男 泣きとおすなんて出来ないよ

今夜も酒をあおって 眠ってしまうのさ
俺は男 泪はみせられないもの
飲んで飲んで 飲まれて飲んで
飲んで飲みつぶれて 眠るまで飲んで
やがて男は静かに 眠るのでしょう

歌:河島英五

作詞:河島英五

作曲:河島英五